端午の節句

こんにちは~☆

来週末からゴールデンウィーク!

そして5月5日の「子供の日」「端午の節句」がやってくるということで、

本店のボックスピクチャーを変更しました~♪

 

 

 

 

 

 

 

かっこいいでしょ~^^

 

昔は菖蒲(しょうぶ)やヨモギを軒先にさして邪気を払う日だったのが

江戸時代以降に、菖蒲(しょうぶ)という音が通じるところから

尚武の節供、菖蒲(しょうぶ)の節句と言われ、

兜や甲冑などの勇ましい飾りを置くことで男の子の誕生と成長を祝う日になったとのこと・・・

 

ちなみに、わたしは「ちまき」や「柏餅」を食べる日という認識が強いです。笑

 

本当は、男の子が生まれて初めての節句にはちまきを食べて、

2年目から縁起物として柏餅を食べるのが正解のようです!

食べることに頭がいっぱいで調べるまで知りませんでした!笑

 

たまには由来や昔からの習慣について調べてみるのもいいですね!

 

・・・それでは本日も皆さまのご来店を心よりお待ちしております~♪

※フェイスブック・インスタグラム(@suzukishofudo)も更新中※

About shofudo

京都の町の真ん中に構える創業124年、紙加工の老舗です。 明治26年、初代・鈴木宇吉郎が上海で手に入れた万華鏡がきっかけで始まり、 以来、紙管を中心に資材、包材、パッケージを手掛けてきました。 今まで培ってきた紙加工の技術を生かし、2005年 紙の和雑貨店と紙の体験工房をオープン。紙の魅力と可能性を伝える場所として、店内にはパッケージのショールームも併設しております。是非、お気軽に足をお運び下さいませ★
Comments are closed.