【和紙の日&大文字】

今日は、8/4ということで・・・『和紙の日』です!

国連教育科学文化機関(ユネスコ)が、手漉き和紙を

無形文化遺産に登録してから、日本の「和紙」はさらに注目されるようになりましたね♡

嬉しいことに、海外のお客様が当店の型染紙や創作和紙などを

全判でお買い上げになることが増えたように思います^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくの「和紙の日」ですので、

ご自分で切ったり貼ったり、なにか手作りされてみてはいかがでしょうか?♡

そして、ぜひ作品をご紹介くださいませ★たのしみにしております!!

 

 

さてさて・・・7月は祇園祭柄の角皿をご紹介しましたが、

8月になりましたので「五山の送り火」柄をご紹介っ!

 

 

 

 

 

 

 

8月16日に行われる京都五山送り火。お盆の風物詩なのですが、

京都以外の方にはまだ少し認知度が低いようですね!

 
なかでも東山如意ケ嶽の「大文字」がもっとも有名ですが、

そのほかに金閣寺大北山(大文字山) の「左大文字」、

松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、

西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があります。

 

街の灯りも消え、20時~東から西の順に次々点火されてゆく送り火は、

約1時間燃え続け、京都市内は幻想的な雰囲気に包まれます^^

 

ぜひ一度は見て頂きたいですね!

残念なのは・・・五山全てをいっぺんに見ることはできません!(距離の関係上)

各山送り火のよく見えるスポットがあるので、事前に調べてみてはいかがでしょうか♪

 

その前に、当店へのご来店をお待ちしておりますよー!!!

**********

Facebook⇒ 鈴木松風堂

Instagram

⇒ 本店@suzukishofudo

⇒ 哲学の道店@suzukishofudo.tetsugakumichi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

About shofudo

京都の町の真ん中に構える創業124年、紙加工の老舗です。 明治26年、初代・鈴木宇吉郎が上海で手に入れた万華鏡がきっかけで始まり、 以来、紙管を中心に資材、包材、パッケージを手掛けてきました。 今まで培ってきた紙加工の技術を生かし、2005年 紙の和雑貨店と紙の体験工房をオープン。紙の魅力と可能性を伝える場所として、店内にはパッケージのショールームも併設しております。是非、お気軽に足をお運び下さいませ★
Comments are closed.